子牛の下痢対策!3つの原因と4つの対策方法を紹介

子牛の健康を守るためには、下痢対策が欠かせません。本記事では、子牛の下痢を引き起こす主な原因と、効果的な対策方法を4つご紹介します。

この記事の監修者

子牛が下痢を起こす3つの原因

子牛が下痢を起こす原因としては、次の3つが挙げられます。

  • 消化不良
  • 寒さや暑さによる体力低下
  • 病原体への感染

それぞれの原因について理解を深めましょう。

消化不良

子牛は成長段階であり、未熟な消化器官を持っています。このため、消化不良が起こりやすく、食べ物をうまく消化できないことがあります。

特に、急に新しい餌や栄養素のバランスが変わった場合に、消化不良が引き起こされることがあり、消化不良が続くと、腸内の微生物バランスが崩れ、下痢を引き起こす原因となります。



寒さや暑さによる体力低下

子牛は体温調節が未熟であり、寒冷や高温によって体力が低下することがあります。体力が低下すると、免疫力が弱まり、病原体への感染に対する抵抗力が低下します。

また、寒さや暑さによるストレスも消化器官に影響を及ぼし、下痢を引き起こす可能性があります。

病原体への感染

下痢の一般的な原因は、ウイルス、細菌、寄生虫などの病原体による感染です。特に、ウイルス性または細菌性の感染が子牛の下痢を引き起こすことがよくあります。

子牛は免疫力が未熟であるため、これらの病原体に感染しやすく、感染が広がるリスクが高まります。

子牛の下痢は何が問題になる?

さて、子牛が下痢になってしまうと、どのような問題が起こるのでしょうか。次の3つは、特に問題になるポイントです。

  • 生育に悪影響
  • 治療費がかかる
  • 感染病の拡大リスク

それぞれの詳細を解説します。

生育に悪影響

子牛が下痢を引き起こすと、子牛は食欲が低下し、餌の食いつきが悪くなります。

また、下痢により栄養が吸収されづらくなり、増体が悪くなる可能性もあります。

治療費がかかる

子牛の下痢が続けば、

獣医師に診察してもらう必要があり、治療費や投薬費がかさみます。

下痢の原因を特定し、適切な治療を行うためには、血液検査や糞便検査などの検査が必要になることもあり、治療の長期化によってもさらに経費が増えることがあります。

感染病の拡大リスク

子牛の下痢は感染拡大のリスクを引き起こします。下痢は細菌やウイルスの感染症の兆候であり、感染源となることがあります。特に飼育環境が密集している場合、他の子牛に感染を広げる可能性が高まり、感染が広がれば経済的損失や家畜の健康に影響を与えることがあります。

例:大腸菌、サルモネラ等

子牛の下痢対策

子牛の下痢を防ぐために、次の4つの対策を覚えておきましょう。

  • 初乳給与を早めに行う
  • ルーメン(第一胃)を発達させる
  • 寒さ対策・暑さ対策を施す
  • 免疫力を維持する

いずれの項目も、重要なポイントです。

初乳給与を早めに行う

生後間もない子牛の下痢対策として、初乳に含まれる免疫抗体を摂取させることが重要です。哺乳欲を示す子牛に対しては、生後6時間以内に初乳を与える必要があります。初乳には免疫抗体が豊富に含まれており、子牛はこれを摂取して免疫を獲得します。

時間が経過すると免疫抗体の吸収量が減少するため、早めの対応が必要です。免疫を得ることで、子牛の健康状態を改善し、感染症や下痢のリスクを低減することが期待できます。

合わせて読みたい>>初乳製剤の比較|適切な初乳製剤を選んで子牛を元気に育てよう

ルーメン(第一胃)を発達させる

子牛はルーメンが未熟なので、消化不良になる場合も。

適切な給餌を行い、ルーメンを発達させることで、子牛は健康的な消化機能を持つようになり下痢のリスクを低減させることができます。

また、肥育に適した健康な牛となるためにもルーメンを発達させることは重要なポイントとなります。

寒さ対策・暑さ対策を施す

暑さ・寒さ対策も下痢対策の一つです。

高温環境では子牛の食欲が低下し、十分な栄養を摂取できなくなり、寒冷な環境では子牛は体温を維持するためにエネルギーを消費し、成長に必要な栄養が十分

に利用できなくなるのです。

暑さと寒さに対応する適切な環境整備や給餌管理が子牛の健康と成長をサポートします。

合わせて読みたい>>カーフジャッケトによる子牛の防寒対策の重要性

免疫力を維持する

子牛の健康を保つために、牛本来の免疫を維持することも重要です。特に、牛舎内のアンモニア濃度が高いと免疫が低下しやすくなります。アンモニアは尿や糞から発生し、空気中に蓄積するため、これを避けるために、牛舎の通気性を良くし、清潔な環境を維持することが大切です。


合わせて読みたい>>子牛の健康と敷料選び:アンモニアガスの危険性と対策

子牛の下痢対策は飼育の重要ポイント

子牛の下痢対策は飼育において非常に重要なポイントです。下痢は感染症や栄養不足などの問題を示すサインであり、子牛の健康や成長に大きく影響を及ぼします。

適切な給餌や栄養管理、衛生管理、環境整備を行うことで下痢のリスクを低減し、子牛の免疫力と健康をサポートしましょう。

繁殖・肥育・酪農家の方へ

カウタローを運営する谷口商会の販売飼料については、お気軽にご連絡ください

販売商品カタログは無料ダウンロードできます

取扱飼料の価格表も無料ダウンロードできます

北海道から沖縄まで、離島含めて長野県から全国発送!

北は帯広や十勝、東北地方、南は壱岐や五島列島・奄美・石垣島まで取引しております。

実績:北海道・岩手県・山形県・福島県・新潟県・長野県・岐阜県・山梨県・愛知県・愛媛県・長崎県・鹿児島県・沖縄県

日本全国対応可能です。上記実績以外のエリアからもお気軽にご連絡ください


ECサイトではクレジットカード決済が可能です

畜産に役立つ情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。

カウタローのコンテンツは獣医師の監修のもと、編集部が執筆しています。編集部として細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、これらの情報の正確性および完全性を保証するものではありません。当サイトの情報は一次判断の参考材料としていただき、特に動物の健康・生命に関する個別具体的な事象は、担当獣医師にご相談いただくようお願い申し上げます。(カウタロー免責事項はこちら

>結果に差が出る A飼料販売 

結果に差が出る A飼料販売 

カウタローを運営する谷口商会は、 北海道から沖縄まで、離島含めて長野県から全国発送!
北は帯広や十勝、東北地方、南は壱岐や五島列島・奄美・石垣島まで取引しております。
代用初乳・麹菌・乳酸菌飼料など…牛のポテンシャルを最大限に引き出す飼料をラインナップしているので
ぜひ谷口商会をご活用ください