牛用の経口補水剤クイックショットタブ

下痢の牛に与える経口補水液について解説

牛に輸液する方法はさまざまですが、比較的簡単なのが経口補液です。

静脈補液と比べると、脱水やアシドーシスに対する効果は経口補液の方が劣っています。重度の脱水症状が見られる場合は静脈補液の方が良いですが、それ以外の場合は経口補液で水分・電解質を補ってあげると良いでしょう。


下痢の子牛への経口補液

子牛が下痢になると、水っぽい便(水様便)を排出します。水様便には水分以外にも、塩分(ナトリウムなど)も含まれてることをご存知でしょうか。

下痢で失われた水分や塩分は、経口補液で補ってあげましょう。

また、ブドウ糖はナトリウムの吸収を促進してくれる成分です。ブドウ糖はエネルギーにもなるので、下痢の子牛に補給してあげると良いです。

牛の経口補液には「動物用医薬品」と「A飼料」の2種類がある

牛の経口補液には、「動物用医薬品」と「A飼料」の2種類があります。代表的な経口補液としては、次の3種類が有名です。

動物用医薬品A飼料
カーフライトSクイックショットタブ
グロースチャージ牛用

人間の経口補液で例えると、医薬品を使うか、OS-1を使うか、ポカリスエットを使うか、というイメージになります。

この3種類の中で安くて継続しやすいのは、A飼料の「グロースチャージ牛用」だという方が多いです。粉末タイプなので計量しなくてはならないことが手間ですが、コスト面が気になる方は一度試してみても良いかもしれません。

牛用経口補水グロースチャージ

牛用経口補水グロースチャージ

一番給与が簡単なのは、A飼料の「クイックショットタブ」です。1Lに対して1錠溶かすだけなので、手間なく給与できます。価格もカーフライトSより安いと好評です。

牛用の経口補水剤クイックショットタブ

牛用の経口補水剤クイックショットタブ

クイックショットタブはYahoo!ショッピングで在庫放出限定価格で販売中です

    グロースチャージとクイックショットタブの詳細な比較資料は、下記から無料でご請求いただけます

    参考:【牛の経口補液の比較】カーフライトS・クイックショットタブ・グロースチャージ牛用

    子牛の下痢は予防が重要

    子牛が下痢になった時は、水分・電解質を補ってあげる必要があります。しかし、子牛の下痢は生育に悪影響を与えますから、そもそも下痢にならないよう予防してあげることが重要です。

    子牛の下痢対策としては、次の4つのポイントを意識してみてください。

    • 早めの初乳給与
    • ルーメン(第一胃)の発達
    • 寒さ対策・暑さ対策
    • 免疫力の維持

    合わせて読みたい>>子牛の下痢対策!3つの原因と4つの対策方法を紹介

    メルマガ登録

    畜産に役立つ情報をお届けします。ぜひご登録ください。

    カウタローのコンテンツは獣医師の監修のもと、編集部がライターもしくはAIを利用して作成しています。編集部として細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、これらの情報の正確性および完全性を保証するものではありません。当サイトの情報は一次判断の参考材料としていただき、特に動物の健康・生命に関する個別具体的な事象は、担当獣医師にご相談いただくようお願い申し上げます。(カウタロー免責事項はこちら

    牛用の経口補水剤クイックショットタブ
    最新情報をチェックしよう!
    >畜産用品をネットで買うならカウタロー 

    畜産用品をネットで買うならカウタロー 

    カウタローは厳選した畜産関連用品をネット販売している、大・中動物専門の獣医師とマーケティングの専門家が親子運営しているショップです。
    乳牛用品・肥育用品・繁殖用品・山羊用品・綿羊用品の購入はカウタローにお任せください。