NO IMAGE

NDFとNFCとは?畜産飼料の炭水化物についてVFA(揮発性脂肪酸)と合わせて解説

  • 2023年8月11日
  • 2023年8月12日
  • 肥育

畜産飼料の炭水化物として「NDF」と「NFC」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、NDF(中性デタージェント繊維)とNFC(非繊維性炭水化物)、それからVFA(揮発性脂肪酸)の関係について紹介します。


ルーメン微生物が利用できる炭水化物は「NDF」と「NFC」

ルーメンの中には大量の微生物が住んでいます。そして、このルーメン微生物の餌(エネルギー源)になるのが炭水化物の「NDF」と「NFC」です。

NDFとは発酵消化に時間がかかる炭水化物

NDF(Neutral Detergent Fiber|中性デタージェント繊維)は、発酵消化に時間がかかる炭水化物です。

稲わらや乾草など、いわゆる粗飼料にたくさん含まれている「繊維」が、NDFです。

NFCとは発酵消化が早い炭水化物

NFC(Non Fiber Carbohydrate|非繊維性炭水化物)は、その名の通り「繊維ではない」炭水化物です。繊維ではないため、発光消化はNDFよりも早いと言われています。

麦やとうもろこしなどに含まれている「デンプン」や「糖」は、NFCに分類されます。

ルーメン微生物が炭水化物を利用した残り物がVFA(揮発性脂肪酸)

「NDF」と「NFC」をルーメン微生物が利用した残り物が、VFA(揮発性脂肪酸)です。VFAは酢酸、酪酸、プロピオン酸が代表例として挙げられます。

VFAはルーメン内で生成され、そのままルーメンから吸収されます。この吸収されたVFAは、牛のエネルギー源となりますから非常に重要です。

なお、このVFAがルーメンからうまく吸収されず、ルーメン内に「VFA」や「VFAの作りかけ(乳酸など)」が増えすぎると、ルーメン内は酸性に傾きます。(いわゆるルーメンアシドーシスになってしまう原因の1つです)


NDFとNFCは両方VFAになる

NDFとNFCは両方VFAになります。

VFAは牛のエネルギーになりますから重要な物質です。

しかし、ルーメン内に蓄積するとルーメンアシドーシスの原因になってしまいますから、ルーメンがVFAを吸収する速度に合わせたバランスが重要ということになります。

合わせて読みたい>>ルーメンアシドーシスの原因と対策を解説

NFCはルーメン微生物のエネルギーとしても重要

NFCはVFAとなって牛のエネルギー源になるだけではなく、ルーメン微生物のエネルギーにもなります。

ルーメン微生物はNFCをエネルギー源とし、ルーメン内の発酵によってアンモニアに分解されるDIP(分解性タンパク質)を、菌体タンパク質に変えてくれます。

合わせて読みたい>>畜産飼料中の粗タンパク質(CP)とは

ルーメン内(牛の体内)にアンモニアが増えれば、肝臓に負担をかけたり、肉色を悪化させたりする原因になりますから、NFCとDIPのバランスをみて給与することが重要です。

合わせて読みたい>>配合飼料に記載されているタンパク質の種類を解説

メルマガ登録

畜産に役立つ情報をお届けします。ぜひご登録ください。

カウタローのコンテンツは獣医師の監修のもと、編集部がライターもしくはAIを利用して作成しています。編集部として細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、これらの情報の正確性および完全性を保証するものではありません。当サイトの情報は一次判断の参考材料としていただき、特に動物の健康・生命に関する個別具体的な事象は、担当獣医師にご相談いただくようお願い申し上げます。(カウタロー免責事項はこちら

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>畜産用品をネットで買うならカウタロー 

畜産用品をネットで買うならカウタロー 

カウタローは厳選した畜産関連用品をネット販売している、大・中動物専門の獣医師とマーケティングの専門家が親子運営しているショップです。
乳牛用品・肥育用品・繁殖用品・山羊用品・綿羊用品の購入はカウタローにお任せください。