NO IMAGE

畜産用カビ毒吸着剤について比較検証

  • 2023年11月22日
  • 2023年11月22日
  • 酪農

畜産用のカビ毒(マイコトキシン)吸着材としてはいくつか商品が販売されていますが、結局のところ何がいいのか知りたいという方も多いのではないでしょうか。

畜産用のカビ毒吸着材と言うと、次の3つが代表例です。

  • 軟質多孔性古代海洋腐植質(海泥)|ミロプライム
  • 軟質多孔性高度珪化珪酸塩白土|ソフトシリカ
  • ゼオライト(有機改変クリノプリロライト)|ケミホワイト

この記事では、畜産用カビ毒吸着剤について比較検証して紹介します。


軟質多孔性古代海洋腐植質(海泥)|ミロプライム

軟質多孔性古代海洋腐植質、つまりは海泥はカビ毒吸着材として一般的です。

とくに「ミロプライム」という製品は、他のカビ毒吸着材の原料としても使われています。

もし一般的なカビ毒吸着材を使いたいとお考えなのであれば、ミロプライムを使うといいでしょう。

ミロプライムはサラサラした砂状のカビ毒吸着材なので、使い勝手がいいです。

カウタローを運営している谷口商会でもミロプライムはよく販売しているので、ぜひお問い合わせください。

軟質多孔性高度珪化珪酸塩白土|ソフトシリカ

軟質多孔性高度珪化珪酸塩白土はソフトシリカという商品名で販売されていますね。

最近はソフトシリカ(畜産用のカビ毒吸着)の代替品について問い合わせをもらうことが増えています。

ゼオライト(有機改変クリノプリロライト)|ケミホワイト

ゼオライトもカビ毒吸着材としては一般的です。

谷口商会で扱っているゼオライト商品は「ケミホワイト」ですが、こちらはカビ毒吸着+ルーメンバッファーにもなります。

毒素吸着後の再放出が極めて少ないことも、ケミホワイト牛用のメリットです。

カビ毒吸着材は価格と使い勝手から選ぶと良い

カビ毒吸着材には色々な種類がありますが、最終的には価格と使い勝手から選ぶといいでしょう。

特にTMR生産などで大量のカビ毒吸着材を必要としている場合は、ミロプライムがオススメです。

50袋以上の大量注文であれば、1袋20kg2,000円(税別・送料別)で対応します。

谷口商会ではTMR生産者に対してミロプライムの販売も対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

メルマガ登録

畜産に役立つ情報をお届けします。ぜひご登録ください。

カウタローのコンテンツは獣医師の監修のもと、編集部がライターもしくはAIを利用して作成しています。編集部として細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、これらの情報の正確性および完全性を保証するものではありません。当サイトの情報は一次判断の参考材料としていただき、特に動物の健康・生命に関する個別具体的な事象は、担当獣医師にご相談いただくようお願い申し上げます。(カウタロー免責事項はこちら

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>畜産用品をネットで買うならカウタロー 

畜産用品をネットで買うならカウタロー 

カウタローは厳選した畜産関連用品をネット販売している、大・中動物専門の獣医師とマーケティングの専門家が親子運営しているショップです。
乳牛用品・肥育用品・繁殖用品・山羊用品・綿羊用品の購入はカウタローにお任せください。